利用可能時間の長さが魅力のイオン銀行の店舗/ATMの案内

イオン銀行の店舗は、支店と本店、法人営業部、インストアブランチという4つの種類に大別されます。
この内、支店は全て仮想店舗ですし、本店は実在はしていますが窓口は設置されていないので、対人での窓口業務を行っているのは、法人営業部とインストアブランチだけです。
法人営業部は、合併をした銀行の店舗を受け継いで利用されている店であり、インストアブランチは、ショッピングセンターなどイオングループの商業施設の中に設置されている店となっています。
法人営業部では主に法人・個人事業主向けの窓口業務を行い、インストアブランチでは一般の個人向けの窓口業務を行うというように、業務の内容が分けられているんです。
なので、ご利用の際には、目当ての業務を行っている店かどうかをよく確認してから足を運ぶ必要があるでしょう。
窓口は、年末年始や大型連休中なども含めて、基本的には365日午前9時から午後の9時まで営業を行っています。
なので、仕事や学校がなくて時間の取れる日に窓口を訪れることもできますし、職場や学校から帰った後で窓口を訪れることも十分可能です。
ATM機器は、イオングループの商業施設を中心に全国各地に2000台近く設置されています。
イオン銀行のキャッシュカードを利用する場合なら、口座からお金を下ろすのに手数料がかかることはありません。
また、ATM側としては利用可能時間帯は特に設定されておらず、機器が設置されている施設が営業している日・時間帯であれば、いつでも利用が可能となっています。
お金を借りる方法ときに便利なサイトを発見!

沢山の金融機関でお金を借りていて、一つにまとめたいならおまとめローンを活用しよう!

借金は何か所からでもできます。 しかし、借りている場所が増えれば増えるほど、自分では借金返済の管理がしづらくなってしまうものです。 また、どこにいくら返済しているのか、いくら借金自体が残っているのかも分からない場合も出てきてしまいます。 借金は、主体性を持って返済するのが重要です。 どこにどれだけ残っているか分からないような状態は良くありません。 そこで、まずは散らばった状態になっている借金を一つにまとめましょう。 その事を「おまとめローン」と呼びます。 おまとめローンを利用する場合は、取り扱っている金融機関に申し込む必要が有ります。 その時に注意すべき点の一つが金利です。 散らばっている借金の金利よりも低くなるかどうか、それで金融機関を決めるようにしましょう。 ただ、借金が沢山ある人は全員おまとめローンを使えるというわけではありません。 まずブラックリストには乗っていないというのが大前提です。 また、総量規制にも注意する様にしましょう。 借りる場所によっては、年収の3分の1以上になる場合は審査に通る事が出来ません。 金利で比較すると銀行系の方が比較的低金利となりますが、その分審査自体が厳しくなっています。 従って、沢山ある借金を一つにまとめて返済していきたい人は、自分が利用できる金融機関を探すのが重要です。 そして借金総額がいくらなのかを把握し、決められた日に決められた金額をコンスタントに返済するようにしましょう。